素人そば打ち段位認定大会のお知らせ

全麺協素人そば打ち段位認定会参加者募集中 初段位、二段位
大会日時 平成28年9月24日(土)二段位 25(日)初段位
場所 群馬県沼田市利根町老神 沼田市利根観光会館
詳細は下記のとおり
              平成28年6月吉日
そば打ち愛好者各位

                      老神温泉そば祭り実行委員会
                       委員長 金子 充
                      群馬奥利根連合そば会
会長  宮田 優一
 
    2016第12回老神温泉そば祭り 
全麺協認定素人そば打ち段位認定群馬大会IN老神のご案内
木々をわたる風にも、そこはかとなく初夏の気配を感じるころとなりました。
皆さまはいかがお過ごしでしょうか
当地の大会もお陰様で12回を数えるまでになりました。「温泉」と「奥利根高原そば」がテーマです。
認定大会の緊張の中にも豊かな自然の中に身をおいて癒しの時間も楽しんで頂ければと考えております。
一般社団法人 全麺協が認める最大人数で大会を開催しておりますが、例年応募者が上回って出場できない方が出て本当に申し訳ないことをしております。今回も先着順としましたのでよろしくお願いします
締め切り日までに記載漏れのないようにして郵送もしくは同類の方法で記入した書類が届く方法でお申し込み下さい
プロフィールも採点の一部(総合評価)になっておりますので明記してください。
なお、所属団体の欄は所属する団体がありましたら非会員でもお書きください。注意頂きたいのは2段位受験で、一般社団法人全麺協の個人会員又は特別個人会員でありませんと受験資格がありません(学生は対象外)。また一般社団法人全麺協本部事務局で資格審査をいたします。
プロで無い誓約部分の印鑑は不要としましたが名前は自筆で書いてください。
皆様のお仲間や後輩に「初段の部」「二段の部」ご紹介頂ければ幸いです
応募お待ちしております。
申込書不足のときはコピーしてご利用下さい
二段挑戦者の方、初段取得から1年と定められておりますが15日以内の日数不足までは、期間を満たしているものと認められますので申し添えます。
開催日までの間で基本要綱・基準規程等の改定があった場合には事前に案内が出来る場合には改正して対応します。

第12回素人そば打ち段位認定群馬大会in老神(初段・二段)開催要項
「老神温泉そば祭り」―人情豊かなそばの里― 

趣旨      奥利根には「そば」が昔から地域住民に愛され食されてきた。この宝物を活かし、生産・加工・販売の一体化で農業・商業・観光との連携を図り地域振興に取り組んで行きたい。「奥利根高原そば」を本に地産地消活動を広め、スローフード的運動を高めたい。そこで、地域とそばへの愛着を更に深めると共にそば打ちの知識と技術向上を目指してこの大会を開催します。

大会の位置付け この大会は、一般社団法人 全麺協が定める「全麺協素人そば打ち段位認定制度基本要綱」の規定に基づき、「初段位・二段位認定大会」として実施します。

1  主催   第12回老神温泉そば祭り実行委員会

2  主管   群馬奥利根連合そば会 

3  後援   一般社団法人 全麺協・マスコミ各社・他

4  開催日時・段位 
        平成28年9月24日(土) 二段位 受付時間 10時00分~10時30分
   25日(日) 初段位 受付時間 8時00分~8時30分
        詳細日程は、受験可否通知に添付します。 

5  開催場所 群馬県沼田市利根町老神607-1 「沼田市利根観光会館・大ホール」

6  受験資格
1)初段位 そば打ちを職業としない年齢13歳以上の者であれば何人も受験する
ことができる。
 2)二段位 初段位を取得後1年以上経過している者は、受験することができる。
但し、全麺協定款に基づき制定された会費納入規程の定めにより、全麺協正会員
の年会費に個人会員として年間の納入基準額2,000円を、正会員団体に所属し
ていない者は特別個人会員としての納入基準額5,000円を納付していなければ
ならない。
  ただし、高校生以下の学生は、全麺協正会員団体に所属しておらず納入基準額
2,000円を納入していない者又は会費納入規程第2条第3項に定める特別個人
会員としての納入基準額5,000円を納入していない者であっても受験すること
ができるものとする。
 また、15日間以内の日数不足までは、期間を満たしているものと認める。
 3)再受験までの期間
  不合格の場合「審査結果」を参考にして研鑽・練習を積むことが必要であり、
受験するまでの期間を次のとおり設定している。
  初段位  2ヶ月間以上。  二段位  6ヶ月間以上。
  再受験者は以上のこと注意の上申し込むこと。  
4)重複応募の禁止
  複数の「段位認定会」に重複して応募することを禁止しています。
  これが発覚した場合は応募した全ての「段位認定会」の受験が無効となり、
納付した受験料は返却されません。

7 段位認定基準 「全麺協素人そば打ち段位認定制度審査基準規程」、「全国審査員会議における統一見解」に基づきます。
       (全麺協ホームページhttp://www.zenmenkyo.com/を参照してください)

8  募集人数  初段位 48名、二段位 48名   先着順とする。

9  段位認定  一般社団法人 全麺協が定める「全麺協素人そば打ち段位認定制度基本要綱」に
基づき、審査員の厳正な判定により認定します。
初段位・二段位認定者には、それぞれ段位認定書を交付します。

10  表彰   初段位認定者の中から最優秀賞1名、優秀賞2名、努力賞2名を表彰します。
     二段位認定者の中から最優秀賞1名、優秀賞2名、努力賞2名を表彰します。

11  受験料
全麺協会員 初段位 6,000円 二段位 8,000円
全麺協非会員 初段位 7,000円
全麺協会員学生(13歳以上) 初段位 4,000円 二段位 4,000円
全麺協非会員学生(13歳以上) 初段位 4,000円 二段位 4,000円
   全麺協正会員に所属していても個人会員登録をしていない人は非会員扱いとなります。
学生は、高校生以下とします。
受験料の納入については、出場が決定した方に納入期日、納入方法について通知
します。指定した期日までに納入されない場合は出場を取り消します。
  認定料 
全麺協会員 初段位 7,000円 二段位 7,000円
全麺協非会員 初段位 8,000円
全麺協会員学生(13歳以上) 初段位 4,000円 二段位 4,000円
全麺協非会員学生(13歳以上) 初段位 4,000円 二段位 4,000円
段位取得者は当日発表後に徴収し全麺協へ納付します。
返金  受験料・認定料は原則として返金しません。

12申し込み方法 別紙参加申込書に必要事項を記入の上、郵送により申し込みください。  
募集期間  平成28年8月1日(月)必着
但し先着順で定員になりしだい締め切ります。

13申し込み・問い合わせ先 
〒377-0006 群馬県渋川市行幸田3219-9
群馬奥利根連合そば会 事務局長 干川 重之
        TEL/FAX 0279-24-4501   携帯 090-7228-8883まで
        Eメール hoshikawa-s@biglobe.jp

14受験料の納付
受験料については、受験が決定した方に、納入期日、納入方法について通知します。
受験料振込の確認により最終受験決定者となります。

15可否通知  8月中旬に申込者全員に通知します。
宿泊は各自手配してください、食事・交通費・宿泊費等は全額自己負担です。
受験が決定した方には、(大会使用そば粉等の斡旋、宿泊案内等のチラシを同封します。)

一般社団法人 全麺協 認定 素人そば打ち段位認定制度審査基準規程

趣旨     第12回素人そば打ち段位認定群馬大会は素人そば打ち段位認定制度基本要綱に基づき、そば文化の「心」と「技」の普及啓発を目的とし、そば打ち愛好者の技術と意欲高揚のため、「そばの里・沼田市老神温泉」において実施する。ここに、「素人そば打ち段位認定群馬大会」の実施方法等について定める。

段位認定制度審査基準規程
 1 技能審査 
技能審査は、水回し、こね、のし、切りの4工程と事前準備、衛生並びに服装検査、事後の後始末状態について、第4条に定める「段位認定技能審査基準」(以下[審査基準]という)及び別表に定める「技能審査チェック項目」等により審査する。
 2 そば粉の重量 
技能審査で使用する「そば粉」と「つなぎ粉(小麦粉)」の重量は審査基準規程第4条のとおり審査する段位により定める。
3 審査で使用する道具 
・技能審査で使用する道具類は、手打ちにより製麺するものとするが、地域性を考慮し判定する。ただし、「半自動送りの包丁」など手打ちを補助するための道具は認めない。
   ・そば打ちに使われる道具、「群馬大会」においては包丁・こま板・麺棒・掃除用具(ちりとり・ほうき等)は受験者が持参する。
・踏み台は受験者が持参して使用することができる。
・次のものは主催者が用意して持ち込みはできません
  延し板 横122cm×縦102cm×厚さ3cm
  こね鉢 直径(外径)48cm 高さ12.5cm 
 切り板 横80cm×縦50cm×厚さ2.5~3cm
但し、持ち込みも可とする
 麺台の高さおおむね 75cm 
 ふるい 32メッシュ直径24cm(外径25cm)
高さ7.5cm、深さ6cm
 生舟 内寸 横46cm×縦27m×深さ5.3cm
4 審査で使用する材料 
審査で使用する材料は、主催者が用意する「そば粉」と「つなぎ粉(小麦粉)」及び「水」の3点とし、これ以外の使用は認めない。
5 審査の所要時間
 技能審査の所要時間は、開始の合図があってから終了の合図があるまで40分間とする。ただし、この時間を若干超過して終了した場合でも失格とせず採点は行うものとする。
なお、開始前の衛生検査、服装検査、終了後の後始末検査に要した時間は、この時間内に含まれない。
6 切り幅 
切り幅は、おおむね1.5mmから2.0mmを基準とし、地域の特色を考慮するものとする。「切り揃え率」及び[つながりの長さ]は、第4条の段位別に定める基準により判定する。
7 姿勢
 認定審査会におけるそば打ちの姿勢は、地域の特色を考慮して立つ、座る等の打ち方は問わないが、その姿勢、態度が品性があるかどうかについて判定する。
8 その他
食品衛生の観点から、爪、頭髪の手入れ、衣服の品性、清潔感等についても審査するほか、作業中のそば粉等のこぼれ、道具、衣服、身体の汚れ方、道具の後始末の状態についても審査判定する。

段位認定技能審査基準
 1 初段位 
そば粉の量は700g(そば粉500g、つなぎ粉200g)とする。
① そば打ちが40分以内に終了している。
② そばの切揃え率が60%以上である。
③ そばを持ち上げても20cm位につながっている。
④ 打つ姿勢が堂々として落ち着いている
⑤ 周囲へのそば粉のこぼれがなく、道具や衣服、身体の汚れ方も少ない。また、道具の始末がきちんとできている。
 2 二段位 
そば粉の量は1,000g(そば粉800g、つなぎ粉200g)とする。
① そば打ちが40分以内に終了している。
② そばの切揃え率が70%以上である。
③ そばを持上げても23cm位につながっている。
④ 打つ姿勢が堂々として落着いている。
⑤ 周囲へのそば粉のこぼれがなく、道具や衣服、身体の汚れ方も少ない。また、道具の始末がきちんとできている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック